×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

しわ治療手術としわ対策

注射器によるしわ治療手術

スポンサード リンク

かつてはメスを使うしわ取り手術が主流でしたが、最近のしわ取りは注射器だけで可能になっており、しわ治療技術も日夜進歩しています。

注射だけで済ませることができるので肌へのダメージが小さく、手術痕ができないという長所があります。

この方法なら、消したい部分のしわにだけピンポイントで作用します。

軽いしわ治療手術ならその日から洗顔や化粧ができるため、多忙なスケジュールを縫っての治療も可能です。

ボトックス注射を用いたしわ治療が、最もオーソドックスな方法です。

神経伝達に作用し筋肉の働きを弱める効果がボトックスにはありますので、表情の変化でできるしわ治療に活用されています。

1度のボトックス注射にかかる時間は10分ほどですが、しわ消し効果は約半年は続くといいます。

極細の注射針を使いますので傷や腫れになることはほとんどなく、たんぱく質より作られるボトックスは重篤な副作用の心配もありません。

年を取ると皮膚の弾力が失われたりたるみが出ることでしわが増えますが、こういったしわには、効果が1年ほど続くヒアルロン酸注入法が適しています。

ヒアルロン酸を皮膚に注射してしわを消そうとする場合、並行してコラーゲンを活用するといいでしょう。

ヒアルロン酸は潤いを、コラーゲンはハリを与えてくれるので、一層のしわ治療効果が期待できるでしょう。

しわ治療がきっかけとなって、保湿力に富む若々しい肌が手に入るかもしれません。

比較的気楽に受けることができて、皮膚への悪影響を心配することがないという注射によるしわ治療を、ぜひ考えてみてください。

レーザーによるしわ治療手術

年齢と共に増えるしわの改善には、レーザーによる治療も行われています。

レーザーを使ったしわ治療は、広いエリアに対して施術可能という利点があります。

広範囲にレーザーを当てるため、顔全体のコラーゲンが活性化します。

正常な細胞を傷付ける心配もないので、気になるしわだけをきれいに治療し、かつお肌にツヤを取り戻すことが可能です。

肌のしわを減らすことに加え、保湿力アップや弾力性の回復を目指す方には、レーザー治療がいいでしょう。

しみやたるみが気になってきたという方にも、レーザー治療は効果的に作用します。

しわ治療だけでなく、新陳代謝を活発にすることでお肌のしみやくすみを小さくすることができます。

2〜3回に分けてレーザーを照射する必要がありますが、別なしわ治療方法くらいしか施術の時間はかかりませんので、手軽に受けられるでしょう。

7万円前後の予算を見積もっておけばレーザー治療はできますので、費用もそれほどかかりません。

また、レーザー照射は肌への副作用の心配も小さく、欠点があまりない点も魅力的です。

とはいえ、治療後にトラブルがないよう、パッチテストやカウンセリングはきちんと行ってください。

特にアレルギーをお持ちの方や敏感肌の方は、レーザーによるしわ治療を担当する医師と念入りに話し合うようにしましょう。

メスによるしわ治療手術

スポンサード リンク

フェイスリフトという、メスを使うしわ治療が存在します。

耳の辺りを切開し、糸を注入してしわを引き上げる手術で、他の治療法では補いきれないようなしわを治療するのに適している方法です。

フェイスリフトによってしわ治療を施せば、しわ解消効果は10年も保つという利点があります。

なかなか消えない深いしわでも、フェイスリフトを使うことで治療することができます。ただし、体への負担も大きくならざるをえず、治療費用もかなり高くなってしまうという点が、フェイスリフトのしわ治療の欠点です。

フェイスリフトによるしわ治療にかかる費用は少なくとも50万円、時には100万円にも達します。

注射やレーザーでの治療は数万が数十万円ですから、かなり差があります。

皮膚にメスを入れ糸を注入するため、顔が赤く腫れることが多いようです。

人によってはなかなか腫れが治まらなかったり、入院が必要になったりするケースも、メスによるしわ治療手術にはあるそうです。

軽い気持ちでフェイスリフトを受けると、後が困ったことにもなりかねません。

しわ治療をメスで行う場合、リスクをできるだけ小さく抑えるにはしっかりとしたカウンセリングとクリニック選びが欠かせません。

アフターケアでの保障内容や、必要な費用と支払い方法、治療後の通院回数など、治療前に知っておきたいことはたくさんあります。

一つのクリニックの説明内容を鵜呑みにせず、いくつか回って話を聞き比べることも検討材料になります。

しわ対策には肌ケアを

しわを増やさないようにする、あるいはできてしまったしわを目立たなくするためには、しわ対策として日頃からのこまめな肌ケアが重要です。

しわ対策には日常の肌ケアが大切なのです。

肌の水分が足りないとカサカサになって、しわができやすい肌になります。

保水力のある肌であり続ければ、しわ対策ができます。

顔を洗う時はお湯が熱くなりすぎないように注意し、洗い上がりの皮膚が乾燥する前に化粧水を肌に惜しまずつけて浸透させます。

保湿力の高まった皮膚はハリと弾力を得ますのでしわ対策になり、小じわ程度なら消すことができます。

洗顔料で手のひらいっぱいの泡を作り、手と顔の皮膚が直接触らないくらいを目安に泡で顔を洗い、洗顔後にマッサージをするとしわ対策効果が高まります。

コツコツとスキンケアを続けることで、しわ対策効果は少しずつ現れてきます。

お肌をきれいに維持するために、肌の汚れもメイクも洗い流し、きちんとすすいで丁寧に洗い流すよう心がける必要があります。

しわ対策には、季節を問わず紫外線への対策を怠らないこと、夜更かしをせず質のいい睡眠を取って、肌の代謝を促進しお肌の健康を維持することも大事です。

ストレスを感じない生活を心がけると、しわ取りだけでなく吹き出物対策、肌荒れ対策にもなります。

また、しわ対策サプリメントは、小じわへの効果が結構期待できます。

コラーゲンサプリメントやヒアルロンサプリメントは、肌に弾力を与えしわ対策効果の高い商品として人気を集めています。

スポンサード リンク