×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

肌保湿の方法と注意点

肌保湿は食生活の改善から

スポンサード リンク

食事は、人間が生命を維持するためのエネルギーになることはもちろんですが、美容の観点からみても正しい食生活はお肌の保湿に必要不可欠です。

美肌作りのお肌にとって、ビタミンAやビタミンCは欠かせないのです。

肌の保湿には、皮膚内の新陳代謝やコラーゲンの維持が重要であり、そのために必要な成分がビタミンCです。

食事からビタミンCを摂取するには、レモンやりんごなどの果物や、にんじんやかぼちゃ、ほうれん草などの野菜を取りましょう。

毎日の食卓に、緑黄色野菜を使った温野菜サラダを一品追加すると、食物繊維も摂取できて一石二鳥です。

しかし同じ食べ物や食材をひたすら食べても意味がありません。

様々な食材を、栄養の偏りのないように摂取することが肌の保湿には効果的でしょう。

食事内容だけでなく、食事時間も不規則にならないことが肌の保湿では大事です。

慌ただしく噛む時間もろくにないような食事を改めて、朝食でもある程度の時間を確保してビタミンAやCをきちんと摂取し、規則正しく生活することが基本です。

栄養成分に関する知識も、肌のお手入れと同じくらい重要なものです。

肌の保湿には水分補給も大切です。お肌の保湿のポイントは、ぬるめの水をゆっくりと時間をかけて飲むことです。

肌の保湿にいいだけでなく、腸を刺激してお通じを良くすることにも繋がります。

お肌にたっぷりのうるおいを!『水の彩』

化粧水で肌の保湿をする

肌の保湿に役立つスキンケアを考えるならば、肌の水分と似た成分がふんだんに使われている化粧水や乳液の活用は大事なポイントです。

お肌を保湿する方法の中でも最も即効性があって、目に見えやすいスキンケアではないでしょうか。

コットンパックを用いた保湿が、肌の保湿では効果的ではないでしょうか。

化粧用のコットンに精製水と化粧水を十分に吸わせて、顔全体を包み込むようにコットンを乗せてしばらく置き、肌全体に対して水分を吸わせてあげます。

これで、肌にたっぷりの水分を含ませることができます。

肌の保湿に役立つ成分として知られているものには、強い保湿力を持ち、元々皮膚に存在するヒアルロン酸という成分があります。

ヒアルロン酸は、保水作用のほかにも、肌荒れを防いだり、お肌にハリを与えてくれる効果のある美容成分です。

また、大豆エキスもお肌の保湿効果のある成分であり、角質細胞の間を埋めるという作用があります。

保湿に効果がある成分として化粧品などによく使われている成分には、これらの他にはトレハロース、ラフィノース、そして肌を形作っているセラミド成分などがあります。

保湿力の高さから化粧品に用いられている成分にアミノ酸があります。アミノ酸は肌との相性がよく、使用頻度も高いようです。

天然保湿因子として角質細胞に存在する成分ではないものの、ビタミンCはヒアルロン酸の活動を助け、肌の保湿に貢献する成分です。

あなたのお肌の状態を十分に把握して、あなたのお肌に一番合った優秀な保湿化粧品を見つけてくださいね。

お肌にたっぷりのうるおいを!『水の彩』

肌を保湿する際の注意点について

スポンサード リンク

日頃のスキンケアを地道に行い、正しく顔を洗い続けうことが、肌の保湿には重要です。

起床時の洗顔は、軽くパシャパシャと洗うことで、肌にいい刺激を与えることができます。

夜の洗顔は、朝のように強い刺激を肌に与える必要はありませんので、優しく全体をカバーするように洗顔料を使い、顔を両手でそっと覆ってハンドマスク効果で保湿力を高めてください。

顔を洗った後は、できるだけ早く肌の保湿をしましょう。保湿に効果的な入浴をすることで顔だけでなく全身の保湿効果も得られますが、そのためには、湯温はややぬるめにするといいでしょう。

肌は角質層で外界の刺激から守られていますが、強固な鎧というわけではありませんので、ナイロンタオルやボディブラシで力を入れてこすりすぎないことも大事です。

石鹸で作った泡で体を包むように、手や柔らかな布を使って体を洗います。

お風呂から上がった後は、全身の皮膚も水分を含んでしっとりとしているはずです。

肌の乾燥が始まる前に保湿剤を使いましょう。

入浴剤にも保湿に効果的な成分を用いると効果が高まります。

肌の保湿のために日常生活で注意すべき点は、毎日のスキンケアを心がけることです。化学繊維の服は静電気の原因となります。

静電気が発生すると肌が乾燥している部分はかゆくなってしまうことがあるので、冬などは木綿やウールがいいでしょう。

肌を乾燥させないためには、空気の湿度にも気を配りたいものです。

必要ならば加湿器を使い、時には運動で汗をかくことで肌を乾燥から守ってください。

スキンケアで外側から肌の保湿をするだけでなく、運動や食べ物の見直しからも保湿力を高めましょう。

お肌にたっぷりのうるおいを!『水の彩』