×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ワキ脱毛とサロンの選び方

ワキの脱毛について

スポンサード リンク

ワキのむだ毛脱毛に頭を悩ませている方は少なくありません。

特に最近では、季節を問わず肌を露出しておしゃれを楽しむ女性が増えています。

そのために、ワキのむだ毛脱毛は代表的なスキンケアともなり、男性にもワキのむだ毛を脱毛する方もいます。

しかし、カミソリや毛抜き、ローションなどでワキを自己処理すると、手間がかかるうえに肌のトラブルになる場合もあります。

ワキ脱毛は専門のエステなどでも行われていますので、そこで処理をしてもらうというのも1つの方法です。

エステでのワキ脱毛で多いのはレーザー脱毛で、針脱毛を行っている施設もあります。

この頃は、アールズ方式というワキ脱毛を行うところも存在します。

ワキの脱毛にしては所要時間が短く痛みに弱い人でも大丈夫なことから、アールズ脱毛に興味を持つ方は多いようです。

まずは各エステやクリニックを調べて、自分の求める脱毛コースがあるかを確認しましょう。

それぞれにメリットやデメリットがありますので、事前によく調べてから脱毛施設を受診しましょう。

ワキの脱毛方法でチェックするポイントは、保証付きかどうかです。

ムダ毛脱毛の金銭体系はエステによって違いますが、保証の内容も様々です。

一年間回数無制限や、ムダ毛が再生する毎に施術可能など、金額と合わせて使いやすいサービスを選びましょう。

夏が近づくと特別キャンペーンをしたり、割引チケットなどを用意しているエステや美容クリニックもあるようです。

ワキ脱毛の方法

エステでのワキ毛脱毛方法にはどういったものがあるでしょう。

まず考えられるものが、ニードル脱毛です。一つの毛根に15分ほどの時間と相当の痛みがあるのが針脱毛の特徴なので、それなりの気構えが必要となります。

ワキの下のごく限られた範囲のムダ毛を処理するだけでも、結構な施術時間がかかってしまいます。

1度の施術では終わりませんので、針脱毛は30回くらいは受けることになります。

また、肌が弱い人はトラブルが起きる可能性があります。

痛みがあり、時間も回数も必要なため、針脱毛にはそれなりの覚悟が必要です。

現在、エステのワキの脱毛で最も多いのはレーザー脱毛方式です。

ただし、医療用レーザーでワキの脱毛処理をする時は強い痛みを伴いますので、3〜4本程度の処理を1回に行うことになります。

ワキの脱毛をする肌に狭いエリアであてていくので、30分くらいを見込まなければなりません。

医療レーザーで脱毛する場合は肌の負担は皆無とはいかず、火傷のような痕跡や赤く腫れてしまうことがあります。

レーザー脱毛と針脱毛を比較すると、前者の方が受けやすいようです。

近年、利用者が増えてきているワキの脱毛方法にアールズ脱毛があります。

アールズ方式でワキ脱毛をする場合、照射の瞬間にピリッとする程度の刺激があるのが特徴です。

1回の照射で80〜150本程度処理できてしまいます。

広いエリアを1回の施術でカバーできてしまうところも嬉しい点で、肌が弱い人や痛みに強くない人でも安心して受けられますので、ワキの脱毛方法の中でもおすすめのやり方です。

ワキ脱毛サロンの選び方について

スポンサード リンク

美容を目的とした脱毛行為では、医療用レーザーは使えませんし、厳密には針脱毛も実行できません。

医療行為でなければできない脱毛の領分は多く存在するようです。

アールズ方式はエステサロンでも受けることができます。

脱毛サロンの選び方で一番気になるポイントは料金だと思います。

金銭面からは、一年間の間は自由に脱毛を受けられるところと、ムダ毛再生時保証がついているところがほぼ同じという場合もあります。

保証の仕組みや金銭体系を見直すことによって、これからの収支を合わせようとしているというエステもあります。

キャンペーン保証や割引を扱っているエステもあり、金銭面の節約を考えるならこれを逃す手はありません。

割引サービスで何割か値引きをしているなら、元々のサービス料が高ければ割引金額もそれに見合ったものになります。

キャンペーン期間はいずれの場合もそれほど長いものではありませんが、急いて判断を誤らないようにしましょう。

キャンペーンは多くのエステで度々行っていることが多いようです。

各エステの情報収集をしていると、無理矢理に誘ってくるようなところにも行き会います。

中には勧誘ゼロという良心的なサロンもありますが、珍しい方だと思います。特に多いのが、脱毛に関する化粧品などを売りつけられるケースです。

エステによっては、施術後にも専用の商品が必要であるかのように言葉巧みに宣伝して、商品を売りつけたり継続して脱毛施術を受けるよう誘導するようなところもあるといいます。

毅然と断るために、ワキ脱毛以外のサービスは今回は不要という点を明らかにしておきましょう。

施術後のトラブルや金銭関係の不安を解消するためには、下調べの段階から気を抜かないことでしょう。