×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

クレンジング選びとクレンジング方法

スポンサード リンク

化粧品クレンジング選び

毎日、化粧品のクレンジングを行っている人は多いでしょう。

メイクを洗って落とすには水だけでは不十分なため、油性の化粧品を効率よく溶かすためにはクレンジングによって油分を浮かせなければなりません。

化粧品による油汚れをしっかり落とすことのできるクレンジングは、どのようにして選べば良いのでしょうか。

化粧品を隅々まで洗い落とせるか、洗顔時の肌の状態がサラッと好みの状態になるかでクレンジングを探すという方もいます。

洗う力が強力なほど、肌を傷める可能性が高くなります。

肌への負荷がどの程度かという視点もクレンジング選びには重要です。

洗い上がりだけを問題視するならばオイルクレンジングがいいのですが、肌へのダメージがどうしても大きくなりがちなので、オイルクレンジングのには躊躇してしまいます。

また、オイルクレンジングの成分が毛穴に残ると、肌の酸化の原因となってしまいます。

肌の酸化はにきびや黒ずみの原因になってしまいますので注意が必要です。

シート状のクレンジングは、化粧品をサッと拭き取るだけで化粧落としができるという手軽さが魅力ですが、拭く時の摩擦や、防腐剤の肌への悪影響も懸念されます。

クレンジングにはクリームタイプのものもありますが、界面活性剤の使用量が多いようです。

お肌に負担の少ないクレンジングを使いたいという場合は、ジェルやミルク状のクレンジングを選ぶと、界面活性剤や油分が少なく使いやすいようです。

スキンケアには、肌の保湿や栄養補給だけでなく、肌に与える刺激をできるだけ少なく抑え、肌に負担をかけないようなクレンジング選びも重要になってきています。

Grace&Lucere クレンジングオイル

正しいクレンジングの方法

スポンサード リンク

1日の汚れや化粧品をクレンジングできれいに落とし、さっぱりと洗い流すことがお肌を整える上では重要です。

クレンジング剤はすぐには顔につけず、手の温度で温めます。

冷たいまま顔にのせるよりも、体温で少し温めてから使用した方が化粧品もよく落ちます。

クレンジング剤の準備が整ったなら、手のひらで顔を優しく包み込み、力を入れすぎないように洗って汚れを落としましょう。

クレンジングで作った泡が肌と手の間でクッション的な作用を果たすよう、優しく洗います。

小鼻の周りの鼻筋は特に油が分泌されがちですので、力を入れず丁寧に汚れを落とします。

汚れを落とし終えたら、ぬるま湯で丁寧にすすぐか、濡れコットンでぬぐい取りましょう。

髪の生え際や耳のふちまで丁寧に洗いましょう。

クレンジングが残留していると肌トラブルの原因になります。

正しいクレンジングのポイントは、化粧品や汚れを浮かび上がらせるように、顔の内側から外側へ優しくマッサージするように落とすことです。

クレンジングをしっかり行うことにより、ダブル洗顔の必要もなくなり、化粧水や美容液の浸透も良くなります。

化粧品やスキンケア同様、クレンジングも時間をかけてゆっくりと丁寧に使用することは基本中の基本です。

美肌やトラブルのないきれいな肌を維持するためにも、クレンジングを適切な方法で活用して毎日の汚れをその日のうちに落としてあげましょう。

Grace&Lucere クレンジングオイル

アイメイク化粧品をクレンジングするとき

どのようにすれば、アイメイクをクレンジングで手早く落とせるものでしょう。

アイラインは太くくっきり、マスカラはバッチリという目元を強調する化粧品を使っている人は多いですよね。

マスカラやアイライナー、アイシャドーは、石炭が原料のコールタールを使用している化粧品が多いそうです。

アイメイクの放置が色素沈着を招くことがあるのは、化粧品とはいえ炭の微粒子を目に塗りつけているようなものだからです。

アイメイク化粧品が肌に残ったままでは、目の周りがくすんだり黒ずんだりしてしまう恐れがあります。

お肌が呼吸しやすい状況を整えるためにも、ラメの入った化粧品を十分な落とさずにいて皮膚を窒息させるような真似はやめなければなりません。

アイメイクの化粧品を落とすためのアイメイク化粧品と、緻密な部分のクレンジング用に綿棒を用意すると重宝します。

コットンや綿棒を上手に使って注意深くクレンジングすることが、薄く繊細な目元の皮膚にダメージを与えずに化粧品を落とすコツです。

お肌の健康を守るためには、クレンジングの後に忘れずスキンケアをしましょう。

お肌のお手入れを開始する前に、電子レンジなどで作る蒸しタオルを顔に乗せ、皮膚を十分温めて表皮を柔らかくし、毛穴も広げてあげると、顔に付着した皮脂汚れなどが取れやすくなります。

クレンジングで汚れをしっかり落としたら、肌に十分な水分を与えて毛穴をキュッと締めるために、たっぷりの化粧水を顔全体につけましょう。

いつまでもみずみずしく弾力のあるお肌を維持するためにも、クレンジングでその日の汚れはその日にきっちり洗い流し、スキンケア化粧品で肌に水分や栄養分を与える習慣をつけましょう。

Grace&Lucere クレンジングオイル